スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAPPY END

激しいラリーが続き、競った末に最後の一本が入らず負けた。
観客やチームメイトから拍手が起こった
あーおわったー。
決して勝てない相手ではなかった、でも結果は結果。
そう、これが高校生活最後の試合だった。
この卓球というスポーツを中1から初め、早5年。
うちのチームは中学高校とも結構つよかったので、監督もそれなりに厳しくOBなどもちょこちょこ来てくれて、その中でチームメイトと競い会って、平日は4時間、休日は一日練習をずっとがんばってきた。
それだけに最後の大会負けたくなかったけど、結果がでてしまえばしょうがないと思う。
最後は観客湧かせる用な試合もできたし、何よりプレーしてて、楽しかった。
先輩として後輩に何か残せたんじゃないかという実感もあった。
練習したら、しただけ負けた時の悔しさが大きいというのはこういうのを言うんだろう。
悔しすぎて涙も出なかった。
やっぱり個人競技ならその人の考えでいくらでも変わるけど、団体競技となるとチームで団結して雰囲気とか作ってかないと勝てないと思う。
俺らの学年はすごい大変な学年で、5人も辞めてしまい、三年4人で最後の一年間はまとめてきたから苦労もやりがいもすごかった。
後輩指導が悪いといわれれば、4人でミーティングしてどんな方針でいくかとかそういうのをいつも話して、まとめてた。
部をまとめつつ、自分も強くなろうとするのはどんなに大変かというのも分かった。
強くなりたいと思えば思うほど競争心が生まれて皆強くなろうとする。
そういう連中がたくさん集まったチームが最後の最後でミラクルを起こすと思う
スポーツに限ったことじゃないけど、好きじゃないことはやらないほうがいいと思う。これだけは言える!
最後にほんとスポーツやってて良かったと思う。苦しいっばっかりがスポーツじゃないというのを知れたことや色々な人との交流が会ったことが何より人生において、いい経験だったと思う。
これからは競技としてやるか趣味としてやるかは分からないけど、社会に出たときに活かせたらいい、またいろんなことにもチャレンジしてきたいと思う。

長々と長文失礼。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blogmugen.blog56.fc2.com/tb.php/49-b7cb9e61

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。